為替の見通しがつかない時


いろいろと為替の見通しの立て方があり、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析などがそれにあたります。
上手に分析法を使えば、値動きの見通しが誰でも簡単に立てられるかというとそういうわけでもないようです。
分析結果によって得た見通しと正反対の値動きをされたり、差益や差損が大きくなりすぎて判断が狂うこともあります。
分析の方法は理解できても、特に初心者は見通しを立てられるわけではないようです。
スワップ金利を得られる可能性にかけ、長期的に通貨を持ち続けることは、為替の見通しがつかない人でもできることです。
求めるような効果は、何度も見通しが立たない人が通貨の売買をしてもないといえます。
入り口ルールと出口ルールを明確にし、差益を求めすぎないようにします。






為替の見通しがつかない時
変動為替相場制とは
為替の見通しがつかない時


(C)為替の見通しがつかない時